子連れでも安心!親子で通える歯医者さんを探そう!

>

子どものストレスを知る

洗口液も利用

お口の細菌を減らすはたらきがある、洗口液を上手く取り入れると簡単にキレイにできます。
誤嚥性肺炎の予防につながります。
洗口液を使うことによって、歯にこびりつくプラークを抑える効果などもあり、歯茎の歯肉炎も抑えるそうです。
口臭予防にも役立ちます。
洗口液は、高齢者にもとても役に立ちます。
お口の細菌を、高齢者が唾液などと共に誤嚥することが心配されています。
それにより誤嚥性肺炎などが発症して、高齢者にとっては命とりです。
歯磨きをしっかりキレイにできなくなった時、洗口液は手早く簡単にお口の中を清潔にできます。
水でうがいするより細菌を減らせるため、様々な病気に罹患することがないようにする予防の一環では、有効です。

歯と歯茎の健康

洗口液の需要は増えるでしょう。
しかし、洗口液の効果は、歯磨きによる効果ほどではありません。
洗口液で効果が出る歯のプラークは、歯茎から出ている歯にこびりついているプラークについてのみです。
セットで考えると、習慣に取り入れ易いかもしれません。
歯磨きと歯間ブラシやフロス磨きにプラスして、殺菌力のある洗口液でのうがいをセットで行う習慣を作ることです。
就寝中は唾液も分泌しないため、洗口液によって長時間お口の中の状態は良好のまま一晩維持できる可能性もあります。
歯医者さんでの子どもの成長を通じた長い期間のメンテナンスや、予防の歯科の考えを実践することで、歯と歯茎の健康を大切にできます。
虫歯がないことは、とてもいいことです。
ママの活躍が期待されます。


この記事をシェアする