子連れでも安心!親子で通える歯医者さんを探そう!

>

お腹にいる時からのママのお口の中

規則正しい生活習慣

乳児の時から唇など周辺の筋肉を使って母乳などを飲み込むことから、良い歯への土台作りは行われています。
それらの筋肉は大切です。
乳歯が生える生後半年を過ぎ、両親の食べる仕草に興味を示して赤ちゃんがお口をモグモグしたり。
首元や腰がしっかりし始めたり、座る姿勢が保てるようになったら離乳食OKです。
その時赤ちゃんは、唇を閉じて飲み込むことが大切です。
正しい飲み込み方の習慣ができれば、奥歯を合わせて前歯も綴じるような、きちんとした歯並びになっていく土台になります。
3歳までには乳歯が生えているので、それ以降は硬目の食べ物を与えても、きちんと咀嚼できるようになります。
幼稚園の年少組入園までには乳歯列ができています。
幼稚園年長組になるとその乳歯列は、永久歯の歯並びへの影響が著しいそうです。

顎の発達

乳歯の際は、歯の間が少し開いている方が理想的です。
顎の小さい、乳歯の隙間のない子どもが多くなってきています。
永久歯が生えた時にサイズが変わり、歯が大きくなっているので、顎のサイズや生える場所の乳歯の抜けたあとに隙間のない時には歯が収まらず、歯並びが悪くなることがあります。
歯科矯正で、歯列を整えたり、場合によっては歯が大きくて収まらない場合に1本歯を抜かざるを得ないこともあるそうです。
整った歯並びと、しっかり正しく噛む生活習慣が必然です。
子どもの顎の骨を、よく噛むことで顎を使って丈夫にし、唾液の分泌を促しお口の清潔を保つ意識を育てて、虫歯もゼロ本にしたいものです。
正しい姿勢で食事をする習慣で、首をまっすぐに頸椎の位置を整えることで、顎が正しく動きます。


この記事をシェアする